日産エクストレイル 中古車 7人乗り・ハイブリッド 情報

エクストレイルの現行型は

2013年フルモデルチェンジから

6年経過しました

その間にはマイナーチェンジも

行われています

2019年1月にAUTECからの

特別仕様車でにごしてきています

これまでは

フルモデルチェンジは4~5年ごとに

マイナーチェンジは2~3年ごとに

行われて来ています

そうするとエクストレイルは

フルモデルチェンジから6年です

今年にはe-POWER搭載車の

4代目のモデルが

発表されるかもしれません

(出典元:https://www.nissan-global.com)

ゴーン元会長問題から

主要役員の選任と3社連携の

有り方次第になると思われます

ゴーン元会長の司法判断が

出るまでは難しいと思いますが・・・

e-POWER搭載車なんか発表されたら

エクストレイル中古車

いっ~ぱい出てきますよ

市場に出過ぎるくらい

売れている車ですから

多分ですけど・・・

まぁ~そんなこんなで

フルチェンジの時を待つ間に

その時あわてなくても良いように

エクストレイルの中古車市場も

探っておきます

スポンサーリンク

日産エクストレイル 中古車 ポイント

エクストレイルの中古車を見る上で

心得ておかなければいけないポイントを

投稿されている内容とは違う目線で

記事にしていこうと思います

(出典元:https://www.ac-illust.com/)

まずは中古車の関心を集める時です

中古車を探しているとき

一概にエクストレイルの中古と言っても

選ぶ基準によってその車種が

中古市場に無いのか有るのか

特に車種とボディーカラーが一致させるのは

難しいところです

下取り時の人気エクストレイルを
知っておきたいとき

新車購入を考えておられる方は

次回の乗り換え時に下取りを高く引き取ってくれる

車種やカラーを知った上で

新車を決めたい方もおられるでしょう

そのような方に役立つかどうかは

分かりませんが筆者目線で

エクストレイルの中古車情報を

ピックアップしてみました

お役に立てれば幸いです

ご覧ください

まず

エクストレイルの車種で

特別仕様車や装備を除いた

基本グレードの分類をしてみました

次のように分けられます

2WD or 4WD

5人乗り or 7人乗り

ガソリン or HYBRID

この違いがあります

(出典元:https://www3.nissan.co.jp)
スポンサーリンク
 

日産エクストレイル中古車 市場規模(台数)

上記分類に従って

Web上にアップされている

エクストレイルを抽出した結果です

2016年式・2017年式・2018年式の

3ヶ年のデータを整理しました

駆動+乗員数+年式別 中古市場比較

下図は駆動、乗員数、年式から

中古市場に出回っている台数を

表にしたもです

ガソリン車

2WD or 4WD 

5人乗り or 7人乗り

年式

上記の中古市場台数です

この図からの結果は

エクストレイル 中古 7人乗り は 4WD で

1)ガソリン車で2WDはほぼ市場に出ていない

2)4WDの5人乗りが多く出回っている

このような結果です

この図から「4WD 5人乗り」の年式では

どの年でも市場にでている台数が多いですが

特に新しい2018年式が突出しています

これは何を意味するのか

■元々たくさん出回っていて

「2WD」や「4WD 7人乗り」が

売れてしまって

売れ残っているから多いのか?

■当初より「4WD 5人乗り」が

多く出回っているのか?

どう読み取ったら良いのか

長期の統計を取っていないので

判断は難しいところです

(出典元:https://www.ac-illust.com/)

でも「4WD 5人乗り2018年式」は

市場にあるのは間違いありません

このWebサイトが「4WD 5人乗り」を

中心に集めているとは思えませんし

データ範囲を広げれば

もっと多い台数になると思います

なぜ「新しい車で4WD 5人乗り」多いのか

後の記事で究明していきたいと思います

エストレイル ハイブリッド 中古車 市場規模

次に、

ガソリン車:633台掲載

HYBRID車:249台掲載

どちらに乗りたいか?

この市場規模はどうなのかを

下図で表しています

この図から見えるのは

1)HYBRID車の「2WD」は中古市場にない

2)HYBRID車はGS車の約40%の中古規模である

エクストレイルの

中古車市場の様子をまとめると

★圧倒的にエクストレイルの中古市場は
  ガソリン車が多くて4WD5人乗りが主流

★HYBRID車は4WDの市場となっていると

云えます

スポンサーリンク

エクストレイル中古車 売出価格と価格決定要素

では

中古市場での売出価格はどうでしょうか

上記と同じ3ヶ年のデータから

まとめてみました

下図は3ヶ年の「年式」別を基本に

「シート数+駆動種」別に

下記項目を表示しています

■平均中古車価格(万円)

■走行距離数(万㎞)

■主なグレード

■カラー分布

■車検整備状況

この5項目を表した表です

この図から中古車価格を見ていきます

中古車売出価格を決める要因は

・年式

・グレード(装備)

・走行距離

・修復歴

・車検残期間

・カラー

このような項目で査定されて

売出価格も決定されることになります

但し、中古車ですので

同じ車は他にないのですが

競争上から売出価格から

値引きの高低もでてきます

ここに表しているのは

あくまでも売出表示価格です

実価格は交渉次第で抑えることは

できます

 ガソリン車 

2018年式

255万円前後で走行距離1万㎞前後

グレードは20Xi 

カラーはブラック系
個性的なカラーもあります

車検残期間は1年~2年強と

云ったところです

2017年式

235万円前後で走行距離1.5万㎞前後

グレード20X 

カラーはホワイト系が主で赤系+個性色

車検残期間は4か月~20ヶ月

2016年式

この年式では2WDが検体が無く

4WDのみとなります

230万円前後で走行距離は3万㎞

グレード20X 

カラーは白系・黒系となっています

車検残期間は車検登録渡しの価格です

 ハイブリッド車 

2018年式

310万円前後 4千㎞ 20Xi

カラーは白か黒

車検期間は2年~2年半

2017年式

280万円前後 1.4万㎞ 20X

カラーは白系、車検は1年~1年半

2016年式

245万円前後 2.8万㎞ 20X

カラーは黒系 車検登録渡し

上記のような結果となりました

2018年式 3列 2WD の 240万円 は

距離数も少ないのですが

他からすると15万円程度安いですね

車検も十分残っているのに!

この要因はカラーがレッド系だからと

いえると思います

(出典元:https://www3.nissan.co.jp)

2018年式の中古価格を

新車価格と比較する

ことは装備違いもあって

難しいのですが

単純に10%前後安いといえます

新車値引きの範囲と

いってもいいくらいですね

特に2018年式の走行距離です

■2WD:1,000km

■4WD:1万㎞

■HYBRID:4千㎞

これはユーザーの利用では無く

ディーラーでの試乗車・展示車

この扱いで

出てきていると思われます

ユーザーに一通り販売が

行き届いた段階で

試乗車や展示車が

中古市場に出回っていると

思われます

こういったことから

価格もさほど

落ち込んだ価格設定とは

なっていないのです

この中古市場では

「2018年式 4WD 5人乗り」が

突出していました

この要因がディーラーから

「ガソリン車 4WD 5人乗り」の

新古車・展示車・試乗車が一気に

中古市場に放出されたために

突出して出回っているのだと

判断できると思います

価格交渉次第では

まだまだ安価な価格を

狙うことができるのでは

ないでしょうか

交渉価格の目安として

いただければ幸いです

いかがでしたでしょうか

中古車に関心のある方

参考になったでしょうか

他サイトでは

中古車そのものが表示されています

当方は少し観点を代えて

記事にしました

読みづらい・理解しにくい

などご意見もありますでしょうが

ちょっと挑戦してみました

今後も読みやすく理解しやすい記事の

改良していきます

(出典元:https://www3.nissan.co.jp)

最後までご覧いただき

ありがとうございました

スポンサーリンク

シェアする

フォローする