エクストレイル ハイブリッドのリコールと不具合・故障情報

こんにちは

お越しいただき

ありがとうございます

(出典元:https://www3.nissan.co.jp)

ここではエクストレイルの

ハイブリッド車に係る

故障や不具合の情報

リコール情報など

新車・中古車に限らず

注意しながら検討されますよう

参考になれば幸いです

スポンサーリンク

エクストレイル ハイブリッドのリコール情報

エクストレイルハイブリッド車の

故障等でリコール対象となった内容を

国土交通省が公表されている内容から

取りまとめましたので参考にしてください

電子システムなどに係るリコール

エクストレイルハイブリッドの

中古車をお考えの方は注意が必要です

(VDC制御の走行安定性)

(出典元:https://www3.nissan.co.jp)


◆2016年12月16日リコール

ABSアクチュエータにおいて、
ギヤポンプ内部のオイルシール成形時の
温度管理が不適切なため
オイルシールの硬度が低くなっているものがある。

そのため、オイルシールにブレーキ液が
浸透してシール性能が低下し、

そのまま使用を続けると、
ブレーキ液がアクチュエータ内部に漏れ、
電気基板に浸入するとシステム異常となり

ABSおよびVDC警告灯が
点灯して機能が停止し
最悪の場合、電気回路がショートして
火災に至るおそれがある。

全車両、ABSアクチュエータの
製造番号を確認し対象の場合は
当該ABSアクチュエータを
良品と交換する。

制作期間:2015年04月20日 ~
     2015年12月03日
対象台数:18,118台

型式:DAA-HNT32
車体番号:HNT32-100029 ~
     HNT32-116113
型式:DAA-HT32
車体番号:HT32-100101 ~
     HT32-103535

(ハイブリッドシステム)

(出典元:https://www3.nissan.co.jp)


◆2016年04月15日リコール

バックドアのガス封入式ステーにおいて、外筒のエンドキャップ部の塗装が不適切なため、早期に腐食するもの

全車両、当該ガス封入式ステーを対策品と交換する。

制作期間:2009年04月13日 ~
     2016年03月08日
対象台数:727,012台

型式:DAA-HNT32
車体番号:HNT32-100117 ~
     HNT32-118505
型式:DAA-HT32
車体番号:HT32-100112 ~
     HT32-103961

(ガスステー)

(出典元:https://www3.nissan.co.jp)


◆2015/09/10 リコール

①ハイブリッド車のリチウムイオンバッテリにおいて、バッテリコントローラに接続するハーネスの検査方法が不適切なため、コネクタ端子の隙間が広くなったものがあります。そのため、そのまま使用を続けると、走行中の振動等により当該コネクタが接触不良となり、最悪の場合、走行中にエンジン及びモータが停止し、走行不能となるおそれがあります。

全車両、当該リチウムイオンバッテリを良品と交換する。

②ハイブリッド車のCVT制御コンピュータにおいて、プログラムが不適切なため、減速によるEVモード移行後に極低速走行を継続した場合、モータとCVT間の動力伝達に異常があると誤判定することがあり、警告灯が点灯してモータが停止し、走行不能となるおそれがります。

全車両、当該CVT制御コンピュータを対策プログラムに修正する

対象内容

制作期間:2015年04月20日 ~
     2015年08月18日
対象台数:9,759台

型式:DAA-HNT32
車体番号:HNT32-100029 ~
     HNT32-108579
型式:DAA-HT32
車体番号:HT32-100101 ~
     HT32-101386

(型式別のリコール台数)

(出典元:https://www.nissan.co.jpリコール関連情報より)

◆下図は①②不具合部位・原因等の説明

(出典元:https://www.nissan.co.jpリコール関連情報より)

ハイブリッド車の不具合は
2015年に集中して発生していて
次の対処を施しています

◆バックドアガス封入式ステー交換
◆ABSアクチュエータ交換
◆リチュウムイオンバッテリーの交換
◆CVT制御のプログラム修正
が行われています

完了検査不適合に係るリコール

2015年2016年以降は
完了検査問題でのリコールで
対象車車両の点検を行っています
以下は完了検査不適合に係るリコールです

ハイブリッド車のみ
リコールを抽出しています


完成検査で
安全環境性能法規(保安基準)不適合

全車両、指定整備工場において
自動車検査員による点検を行い
安全環境性能法規(保安基準)に
関する不具合が認められた場合は是正する

(ハイブリッドシステム)

(出典元:https://www3.nissan.co.jp)

以下、3回のリコール時期と車両


◆2018年06月29日リコール

制作期間:2003年12月18日 ~
     2016年09月16日
対象台数:580台

型式:DAA-HNT32
車体番号:HNT32-100121 ~
     HNT32-126004

型式:DAA-HT32
車体番号: HT32-103435 ~
      HT32-107779


◆2017年10月25日リコール

制作期間:2017年02月10日 ~
     2017年10月18日
対象台数:38,664台

型式:DAA-HT32
車体番号:HT32-150407 ~
     HT32-151942

型式:DAA-HNT32
車体番号:HNT32-160025 ~
     HNT32-165436


◆2017年10月06日リコール

制作期間:2009年03月16日 ~
     2017年09月19日
対象台数: 1,104,296台

型式:DAA-HT32
車体番号:HT32-100101 ~
     HT32-151594

型式:DAA-HNT32
車体番号:HNT32-100029 ~
     HNT32-164575


(出典元:https://www3.nissan.co.jp)

その他のリコールでは
ハイブリッド車は含まれていません

◆2018年03月30日リコール

ハイブリッドなし

助手席側のエアバッグの
インフレータ(膨張装置)において
ガス発生剤の吸湿防止が不適切

スポンサーリンク
 

1年間のエクストレイル故障不具合届出情報

2018年(平成30年)1年間の
エクストレイル全体に係る不具合を
国土交通省に報告されている内容です

16件の不具合報告があった内
7件がハイブリッド車での不具合でした

(2018年、国交省に届けられた不具合)

(出典元:http://carinf.mlit.go.jp不具合情報より)

日産エクストレイルの

ハイブリッド投入は

2015年4月から始まっています

2015年頃の製造車両での

電子制御等に係る不具合による

リコールに発展したわけです

国交省の届出には2017年登録の

車両でも同様の不具合が起こっています

不具合車両の型式が初年度登録

しているのか分からないこともあります

新車・中古車に限らず

購入時にはリコール対象車の確認を

ディーラーにとる必要があります

完全な改善はまだまだ道半ばといえます

次に2018年届出のハイブリッド車の

7例を抽出していますので

参考にしてください

(ハイブリッドPower比較)

(出典元:https://www3.nissan.co.jp)

スポンサーリンク

2018年ハイブリッド不具合報告

7件の不具合報告内容です
(上図よりハイブリッド抽出)


初度登録:2016年05月
走行距離:31,000 Km
エンジン:DAA-HNT32 MR20-RM31
不具合装置:動力伝達
不具合要約:
CVT(無段変速機)の不良により
ハイブリッドシステム警告灯が点灯し
右折待ちの状態で走行不能になった


初度登録:2017年04月
走行距離:不明
エンジン:DAA-HNT32 MR20-RM31
不具合装置:動力伝達
不具合要約:
右折発進時、出だしのタイミングが
毎回異なり、著しく出足が遅いことが有る


初度登録:2017年06月
走行距離:6,500 Km
エンジン:DAA-HNT32 MR20-RM31
不具合装置:動力伝達2018年5月
不具合要約:
ドライブインの駐車場に止めた際
フロントより煙、電線の焼けるような
異臭があたりに漂った


初度登録:2015年05月
走行距離:18,000 Km
エンジン:DAA-HNT32 MR20-RM31
不具合装置:動力伝達
不具合要約:
主にEVモードでの停止状態から
発進する際、アクセルペダルを踏み込んでも発進せず
「ドン」という蹴られたような
強い衝撃と共に急発進し追突の危険性がある

(出典元:https://www3.nissan.co.jp)


初度登録:不明
走行距離:31,000 Km
エンジン:DAA-HNT32 MR20-RM31
不具合装置:動力伝達
不具合要約:
発進時及び走行中、キュッと異音がする
一年前に動力系を交換したが交換後も再発した


初度登録:2015年09月
走行距離:25,000 Km
エンジン:DAA-HNT32 MR20-RM31
不具合装置:動力伝達不明
不具合要約:
ミッション・モーター接続不良により
加速が不安定になる


初度登録:2017年11月
走行距離:1,000 Km(購入後1か月程度)
エンジン:DAA-HT32 MR20-RM31
不具合装置:動力伝達
不具合要約:
モーター走行からエンジン走行に
変わる際に「キュー」という不快な異常音がなる


以上のようにエクストレイル

ハイブリッド車の故障や不具合が

起こっています

(出典元:https://www3.nissan.co.jp)

日産エクストレイルの

ハイブリッド化に着手した間際の

不具合であって

今後、日産のEV技術による

電子制御課題が解決に進めば

自動運転が完成されることになると

期待しながら記載しました

いかがでしたでしょうか

最後までご覧いただき

ありがとうございました

(出典元:https://www.ac-illust.com/)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする